我が家の家計簿の付け方公開。ズボラ主婦にはエクセルがおすすめ。

ズボラで面倒くさがりで適当主婦なわたしは、excelで家計簿付けています。フォーマットは夫が作ってくれたのですが、多分どなたでも簡単に作れます。(とか言っておいて、自分は作れるか分からない)ということで、今回は我が家流の家計簿の付け方を公開したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

簡単excel家計簿の付け方公開

excelで家計簿を付ける場合は、ご家庭の家計状態に合ったフォーマットを自己流で作るのがおすすめです。苦手な方は、無料テンプレートをダウンロードして使うのも良いですね。

excelド素人でもいくつかの機能を使えれば簡単!


わたし、excelに関しては全くのド素人です。しかし、このオートSUM機能さえ使えれば簡単なような気がします。(あくまでも、ド素人の適当意見です)オートSUMのボタンは、指定した値(セル)を合計してくれる便利な機能なのです。

わたしもつい最近からこのオートSUM機能を駆使出来るようになりまして。(おそ!)家計管理をする上で、この機能はホントに便利ですね。電卓いらずですから。素晴らしい。

我が家の家計簿フォーマットをご紹介

まずは、我が家がどのようにフォーマットシートを作っているのか簡単にご紹介します。「そんなの興味ねぇ!」って方はスルーしてくださいませ。(笑)

フォーマットシートを作る


上のように、フォーマットシートを作っています。毎月、このフォーマットをコピーして月ごとの新しいシートを追加していってます。


フォーマットシートの上で右クリックして、「移動またはコピー」を選択。


「コピーを作成する」にチェックし、OK。(挿入先はどこを選択してもOKです)


そしたら、フォーマットのシートが追加されます!


あとは、シートの位置と日付けを変更すれば完了です!

分かりづらくてすみません!

参考にしたフォーマット

フォーマットを作ると言っても、いきなり自己流で作るのは難しいです。我が家は、excelで家計簿を付ける前、市販の家計簿ノートを購入して記録していました。


この家計簿ノートの仕様を真似て作成しました。(夫が)


(結局この家計簿ノート、途中で書かなくなってexcelに完全移行したのでもったいなかったな。)


フォーマットはこんな感じで作成してます。では、①~⑤のブロックに分けてご紹介します。

①収入欄


①のブロックは、収入を記録する欄です。「金額」のセルに収入を入力するだけで、「収入合計」のセルに収入の合計が自動計算されます。これは、冒頭で書いたオートSUM機能を使ってます。

②固定費欄


②のブロックは、毎月の固定費やクレジット払いを記録する欄です。家賃・奨学金・通信費(marubeni光とBIGLOBE)は毎月固定されているのでフォーマットに保存しています。

mineo(マイネオ)は格安スマホです。

ちょっと寄り道トーク

話が逸れますが、(笑)我が家はネットで買い物をする時は楽天カードを使用しています。クレジットカードで使いすぎないようにするためには、全体を把握しておくことが大切。

わたしはネットで買い物をしたらすぐに、上の固定費欄に支出内容を記入するようにしています。そうすることで、「カードで何を買ったか」「何月にいくら引き落とされるのか」すぐに把握できます。これでカードの使いすぎを防いでいます。

カードの明細が出るのを待っていたら、ついつい使いすぎてしまうんですよね~。固定費欄に記入しておくことで、「○月はこれだけクレジットで引き落とされるから、買い物は翌月に回そう~」という風に踏みとどまれます。

※追記
クレジットカードの支払いを分かりやすくするために固定費欄を少し改良しました。下の記事にまとめています。

現状に甘んじるな!更なる節約に向けて家計簿を見直すべし
ご訪問ありがとうございます!さきぬまぁです^^ 絵心なし人間なのに、絵を描くのにハマってしまったため(何故急に)今回はイラスト付きで更...

③生活費欄


③のブロックは、毎月1日におろしてくる生活費を記録する欄です。予算は毎月ほとんど変動が無いのでフォーマットに記入して保存しています。

「実際」と「差分」の列がありますが、これも自動計算してくれるようになっています。

④今月のまとめ欄


予算・支出・残高が自動計算されます。「今月の予算」の欄は以前の家計簿ノートを真似て作ってるだけで、見てません。(笑)

今月の支出と今月の残高が自動計算されて、一目で分かるので管理が楽です。

⑤毎日の収支欄


最後に、⑤のブロックが日々の収支を記録する欄です。食費・外食費・雑費をそれぞれ記入すると、支出合計と残高が自動計算されます。

実際の使い方

では、実際の現段階での12月家計簿をご紹介します。今月の収入はまだ分かっていないので無記入状態です。

固定費欄


12月始まったばかりですが、ほとんど出揃っていますね~。

日々の支出欄


(お店の名前を書いてるので、一部消してます)

トイペはトイレットペーパーです。(略し方よ)いつもこんな感じで、書き方はかなり適当です。

生活費欄


日々の支出欄に記入すると自動計算され、この生活費欄に記入されます。電卓は一切使わずとも、日々の支出を記入するだけで簡単に残高が分かるので便利です。

今月のまとめ欄


mineo(マイネオ)の欄がありますが、これはわたしが最近作ったものです!(←覚えたてのオートSUM機能を使いたいがために)固定費欄にmineo(マイネオ)の項目はありますが、2人合わせての料金です。なので、夫とわたしの別々の料金を書いておきたくて別枠で作りました。

以上、我が家流のexcel家計簿の付け方でした!

おわりに

excelを完璧に使いこなせたらホントに便利だろうなーと思います。我が家は他に、預金や年間支出、年間光熱費の変動なども全てexcelでまとめています。それもまた別記事でまとめたいと思います!

わたし、1円単位まで細かく付けたい神経質なタイプです。手書きだと、計算するのにすごく時間がかかっていました。しかも、文字を書くのが面倒で。(笑)直筆になると雑になるのがイライラするんです。(自分のせいなのに)

excel家計簿に変えてからは、家計管理が本当に楽になりました。ズボラで適当なくせに1円単位まで狂うのが嫌なわたしにはぴったりなのです。どんな性格だよっていう。

家計簿が続かないという方は、excel家計簿にもぜひぜひトライしてみてください^^おすすめです!

では!最後まで読んでいただきありがとうございました◎

節約生活に便利!管理人おすすめアプリ

スーパーやドラッグストアの特売日が知りたい!」「お得に買い物をしたい!」そんな方にはチラシアプリがおすすめです。近所のお店はもちろん、知りたい街にある店舗のチラシを検索できます。スマホで簡単に、しかも無料で使えます!管理人おすすめのチラシアプリは『Shufoo!(シュフー)』。無駄な操作が必要なく、シンプルで使いやすい!食費節約に欠かせないたまごの特売日は要チェックです!

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ
iOS App Store
Android Google Play