家賃が高いから引っ越したい!固定費削減目的での引っ越しは得?損?

こんにちは、さきぬまぁです!現在の我が家の家賃は62,000円。家計簿を眺める度に「くそー、家賃がもう少し安い所に住めば良かったわー。引っ越したいわー」って正直、思います。

固定費削減を目的に家賃の安いところへ引っ越した方がいいのか?』『引っ越し代のことを考えると現状維持がいいのか?』迷う方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、わたしなりにこの問題について考えてみました。

結論から言うと、わたしなら“固定費削減目的”では引っ越さない!です。

・・ところでわたくし、実は現在引っ越し準備真っ只中なのです。なんやねん!引っ越すんかい!と総スカンを食らいそうですが。はい、引っ越し貧乏な人生であります。転勤族だったこともありますが過去15年間で7回の引っ越しをし、そして現在8回目の引っ越しとなります・・。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

賃貸引っ越しに伴う初期費用はいくら?

さて。我が家が今回引っ越しを決意したのはペット可物件への住み替えが理由です。

そしてそれとともに家賃を下げることもまた大きな目的でありました。冒頭に書いた通り現在の家賃は1DK62,000円。新居の家賃は最低でも5万円以内には収めようと、物件サイトで数ヶ月にわたり探していました。

結果的に2LDK46,000円の物件へ引っ越すことになり、今より15,000円安くなります。しかし、避けては通れない引っ越しの初期費用問題。見積もりを出してもらったところ、まぁ予想以上に高かったのですよ。

家賃は15,000円安くなるけど、新居の初期費用や引っ越しに伴う出費を考えると本当に得なのでしょうか?

初期費用相場は家賃の5~6倍!

初期費用は家賃の5,6倍が相場だと理解していました。高くても7倍ぐらいですかね?
しかし!今回最初に提示された見積もりは373,000円!!家賃の8倍やないかい。ペット可物件はどうしても初期費用が高くなると分かってはいたものの、やはりじんわり冷や汗かきました。(笑)

現在の住まいが家賃62,000円での初期費用35万だったので、さすがにそれよりは安くなるだろうと思っていたんですけどね。

しかしやはり不動産屋も仕事ですから、色々と不要な項目を上乗せしてきているのですよ・・。そこら辺を交渉して削れるだけ削っていただきました。

結果的に32万まで下げることが出来ました。

初期費用分の元を取れるのはいつ?

今後は月々の家賃が現在より15,000円安くなるわけですが、初期費用で32万円かかってしまっています。(もっと言えば、引っ越し業者代やその他諸々で40万は軽く超えるかと思います)

この初期費用や引っ越し代分の元を取れるまでは「得した」とは考えられませんよね。400,000円÷15,000円=26.66・・・ですから、家賃の差額分で引っ越し費用の元を取るには単純に考えて2年と数ヶ月はかかるということですね。

そこで、分かりやすく?『引っ越さずに現状維持の場合』と『引っ越し費用はかかるけど家賃の安い所へ引っ越した場合』で、家賃総額を比較してみました。

2年後の比較


分かりづらくてすみません汗。

我が家の場合は2年後にようやくトントンになるようです。

2年半後の比較

2年半を過ぎると、完全に元は取れています。後は長く住めば済むほど得することになりますね。

3年後の比較

3年後になると、こんなにも差が!ウサギとカメの話のようだわ。(ちょっと違うか)

固定費削減目的で引っ越すのなら、我が家の場合は最低でも2年は住み続ける必要があります。

固定費削減目的で引っ越す派?引っ越さない派?

冒頭で、『固定費削減目的では引っ越さない』と書きましたがそれは状況によります。(笑)

数年単位で考える

もしわたしが独身だったり、近い将来に結婚の予定があったり、子どもができるかもしれない、転勤があるかもしれない・・という状況の場合はそのまま住み続けるかと思います。

引っ越せば2年間は住み続ける必要がありますからね。結婚や出産などのライフイベントがある程度落ち着いた頃で、なおかつ数年先のことを考えて大きな変化が無さそうだと感じた場合には引っ越しを検討しますかね。

何回やっても引っ越しは慣れない!

しかもわたし、引っ越しって何回やっても本当に疲れるし慣れないです。(笑)引っ越し業者はどうするか?新居でのネット環境が整っていない!開通工事にお金がかかる!今使っているカーテンの長さが合わない!ガスコンロを買い替えなければならない!等々・・。

思った以上にお金がかかるんですよね。。

結局はタイミング!

これ言っちゃぁおしまいですが。(笑)引っ越しはタイミングだと思います。いざ引っ越そう!と思っても物件に巡り合えなかったり、予定はなかったけど良い物件を見つけたから勢いで引っ越すことになったり。

わたしは夫の転勤のため短いところでは4ヶ月しかいませんでしたが(笑)、色々な所に住めて良かったな~と思えます。とんでもなく引っ越し貧乏ですが、そこに住んでいたから体験出来たこともありますし^^そういう運命なんだろうなと。(笑)

おわりに

もし高い家賃に悩んでいる場合は大家さんに家賃の値下げを交渉してみるのもいいかもしれません。数年住んでいる場合は家賃を下げてくれるケースもあるみたいです。

引っ越しをすると環境がガラリと変わりますからね。家賃が安くなるとはいえどのくらい節約できるかはわたしにも分かりません。我が家の場合、都市ガスからプロパンになるし激安スーパーが近くにないし。(笑)

追記引っ越してみて節約できていることや、逆にお金がかかっていることについて記事にしました。
田舎に越してきて節約出来ていること、お金がかかっていること

それでもやはり家賃が安くなることで月々の貯金額が増えるということは精神的にもかなり楽になります。スタートはマイナスになってしまうけども、その分これまでより生活に余裕が出来るので気持ちの面ではプラスになるような気がします。

状況によって選択肢は変わるかと思いますが、自分で選んだ道であれば突き進むしかないですからね。わたしもまた新たな環境での生活、節約を楽しみたいと思います^^

では!読んでいただきありがとうございました!

関連記事

家賃4万6千円2LDKへの引っ越し!初期費用いくらかかった?内訳公開!
こんにちは、さきぬまぁです!前回の記事家賃が高いから引っ越したい!固定費削減目的での引っ越しは得?損?に書いたように、我が家は引っ越...
節約生活に便利!管理人おすすめアプリ

スーパーやドラッグストアの特売日が知りたい!」「お得に買い物をしたい!」そんな方にはチラシアプリがおすすめです。近所のお店はもちろん、知りたい街にある店舗のチラシを検索できます。スマホで簡単に、しかも無料で使えます!管理人おすすめのチラシアプリは『Shufoo!(シュフー)』。無駄な操作が必要なく、シンプルで使いやすい!食費節約に欠かせないたまごの特売日は要チェックです!

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ
iOS App Store
Android Google Play

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
おすすめ記事