ネットショッピングは何故安い?衝動買いを抑えてお得に買い物すべし。

わたしは我慢が出来ない人間です。だけど、ちょっと我慢したら1,000円浮いた!

先日、ヘアトリートメントを買うべく、下調べ無しに百貨店を訪れました。髪の乾燥とダメージが激しく、とにかく早くトリートメントが欲しかったのです。

行ってみて、サロンにありそうななんとなく良さげなものがあった。夫を待たせているし、早く買わねば・・。焦るわたし。

どうでもいいんですが、夫と買い物なんてするもんじゃないですね。だっていつも待たせているのが気になって、じっくり選べなくてイライラするし。(笑)(待たせてる側なのに、イライラする奴)

と、話は戻って。そう、焦ってはいたもののとりあえずどんなものなのか一応スマホで調べてみる。(店内をブラブラしている夫からの無言の圧力を感じながら)
効果や成分的には問題無さそう。うん、これにしよう。値段は・・と。

ん・・?んんん???ネットで売られているものと値段が1,500円も違うんですけどーー!内容量が違うのかと見てみるも、全く同じ。こ、ここまで違うものか・・。もしや、送料が高いのでは?!調べてみるも、送料500円。

そう。結果的に、ネットで買えば1,000円もお得だったのです。

やはりネットショッピングには勝てないですね~。注文してから届くまでの時間が歯がゆいものの、それは仕方が無い。ということで、帰ってすぐに注文し、3日後には届きました。3日待てば1,000円も浮きました。

ネットが安いことは分かってはいるのですが、すぐに欲しい時って我慢できない。それに、もしかしたら実際の店舗でも安いかも~なんて淡い期待が。でもまぁ~、調べてみるとネットの方が安い。送料込だとしてもネット最強。

ネットショッピングは何故安い?

ところで、ネットショッピングって何故こんなに安いのでしょう?店舗に売られている商品と比べると、お得感がハンパない。

ネットでは価格競争が激しい

そう、ネットでは簡単に価格を比較することができる。価格ドットコムとか、本当便利ですよね~。あんなの考えた人天才。

消費者が簡単に価格を比較することができるから、そりゃあ売る側だって安くせざるを得ないのでしょう。

対して、実際の店舗では多店舗と価格を比較することって難しい。1つの商品のためにあちこち歩いて回るのって大変ですもんね。

その証拠に先日、店の戦略ハンパない!と思うことがありました。(夫が気付いた)

同じ薬局なのに値段が違う?!

薬局自体は同じなんですが、いつも買う所とは違う店舗で夫が目薬を買おうとしたらしいのです。いつも買うのは駅の地下で、その時行ったのは1階にある人通りの多い店舗。仕事帰りだったので、帰り道に寄れるそっちの店舗に行ったらしい。

目薬はいつも同じ物を買うから値段は大体把握している。が・・・「妙に高くないか?!」夫は自分の目を疑った。(らしい)

明らかに高い気がすると思って、買うのをやめたらしい。そして、数百メートルしか離れていない地下にあるいつもの薬局に行ってみたとのこと。すると・・

「に、200円も違うんですけどー!!」ここまで違うか!!と驚いた。(らしい)

同じ商品でも薬局によって値段が違うことは多い。ドラッグ○レブンとかマツモト○ヨシとか、店自体が違うのなら分かる。が、たかが数百メートルしか離れていない、ましてや同じ名前の薬局。気付いた夫、すげぇ。(夫婦ともども節約根性ハンパない)

1階にある薬局は、よく中国や韓国の方がいわゆる爆買いをしてるんです。見つけやすい店舗ですからね~。だからきっと、店側の戦略なのだろう。(というわたしたち夫婦の勝手な妄想)

てなわけで、簡単に価格の比較が出来るネットだからこそ安さ勝負になるのでしょうね。

おわりに

やはり衝動買いは天敵だ。

「これ欲しい!我慢できない!」って思った時。ちょっと立ち止まって、ネットで調べてみる。そしたらもしかするとそれより安い値段で買えるかもしれない。帰ってネットで注文しよう!と思って衝動買いを我慢出来れば、いつの間にか欲しい気持ちが消えているかもしれない。

ネットショッピングを上手く活用して節約生活を送りたいものです!

では!読んでいただきありがとうございました◎

物欲に負けそう!そんな時に思いとどまる私なりの必勝法
先日久しぶりに夫と街へ繰り出し、ウィンドウショッピングをしてきました。普段はあまり行かない場所へ出向いたので、とても新鮮でした。たまにはいつ...
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
スポンサーリンク
レクタングル大広告