母娘関係が辛い。妊活に対する夫婦間の意識差にも影響が。

不妊治療を休むと決めて2か月。夫婦間では自然と子どもの話が出ることはありませんでした。お互いストレスを溜めず、自然に任せようということで。わたし自身、妊活のことをあまり考えたくないというのもありました。

けれど、つい先日お酒を飲んだ時久しぶりに子どもの話になりまして。吐くほど号泣してしまいました。(笑)

原因は母の言葉です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

影響力が大きい母の言葉

「子どもが全てじゃないんだよ」「子どもはお金がかかるんだよ」「不妊治療で今の時間を無駄にするのはもったいない。それだけじゃなくて、もっと趣味や楽しいことを見つけなさい」

母に言われて、悲しみと怒りとどうしようもない気持ちになりました。そんなことは言われなくても分かってる。母は、いつもわたしの全てを否定します。

しまいには、「お母さんは子どもがあんまり好きじゃないから。孫はいらないかな。お母さんはまだ自由に自分の好きなことしてたいし、孫の世話はしたくないな」とまで。(笑)

「これまでのあんた達に払った学費があればどれだけ楽しいことができたことか~って、たまに思うわよ~」なんてことも言われました。

自分の子どもの前で「子どもが全てじゃない」「子どもは好きじゃない」なんて、、わし、おぬしの子どもじゃないのかい?

「じゃあ生まなければ良かったじゃん」・・こう言ってやりたい。けど、言ったらまた母は自分を責めだして落ち込むから、言えない。

捌け口は夫。だけど気持ちは理解されない。

唯一の捌け口は夫。だけど、こんな母と娘の関係が夫に理解出来るわけがありません。

ネットを見ていると、こういう母娘関係の方って結構多いみたいですね。母に対してすごくコンプレックスを抱いていて、母の呪縛から逃れられずに苦しんでいる人がとても多い印象です。

だからわたしも子育てが怖いというのが少しあります。自分の子どもにも同じように育ててしまうんじゃないかと。

そんな話をしても、夫は分かってくれないからわたしはいつもイライラしてしまうのです。色んな感情が交差して一言では表せられない気持ちです。夫が理解出来ないのは当たり前だけど、分かってもないのに簡単に言う夫に苛立ちを感じます

母にあんなことを言われてから、またわたしは殻に閉じこもりました。(元々引きこもりだろ)

そんなわけで、子どものことを考えるのが嫌になりました。

妊活に対する夫婦間の意識のズレ

自然と避けていた話題だったけど、お酒の入った夫に怒涛のように言われました。

「これからのこと、子どものことどう考えてるん?病院はいつから再開するん?今はもう子どもは欲しくない?俺はいつでも欲しいと思ってるよ。お前はどう考えてるんだろ~ってずっと思ってた」

そう言われて、抑え込んでいた感情が溢れ出して、「あぁ、逃げていただけなんだな。考えないようにしていただけで、本当は辛かったんだな」と自分の気持ちを再確認しました。

今考えただけでも泣きそうだ。(どんだけ情緒不安定なん)

夫はもちろんわたしの気持ちなんて理解出来ない。それは分かってはいるんだけど、病院に通うのはわたしであって、簡単に言われたことがすごく複雑でした。

母のこともまだ自分の中で消化しきれていなくて、そこを解決しない限り前には進めないような気がします。母娘関係、どうしたらいいんだろう。難しいなぁ。大切で大好きな母だからこそ、応援してもらえなかったことがすごく辛かったです。

夫に「わたしってお母さんと似てるかなぁ?」と聞けば「うん」と即答されます。やっぱりわたしのこの性格は母親ゆずりなんだろうなぁ。(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
おすすめ記事