【備忘録】私の妊活経歴まとめ

そういえば、私のこれまでの妊活経歴を書いていなかったな~。てことで、自分の備忘録として記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

中学~大学時代

私は元々、中学生の頃から生理不順でした。(あまり記憶はありませんが)大学時代も3ヶ月~6ヶ月こないことはザラにありました。当時は、ナプキン買わなくて済むから楽だ~なんて思っていたことも・・。のんきなもんです。

大学になると、少しずつ結婚や出産についても考え始める時期です。生理不順という事実に不安の波が押し寄せます。「子どもが欲しいと思った時にできないのは嫌だ!」と思い、3年生の頃婦人科へ受診しました。

血液検査で黄体ホルモン不足が判明

当時の記憶は非常に曖昧です(汗)ただ、黄体ホルモンが少ないという結果だったと思います。薬を処方されましたが、それが何の薬だったのかも覚えてません(汗)「何日に生理がくるはずだから、始まったら連絡してね。」と言われた記憶はあります。

それから数ヶ月間は生理がきちんと来るようになったので結局2回受診しただけでした。

結婚後

結婚後は2年間ほど避妊をしていました。生理不順は一向に治っていませんでしたが、なかなか病院へ足を運ぶ気になれなかったのです。

というのも、夫の転勤がネックになっていました。「どうせ今から通い始めたって、転勤決まるかもしれないし。転職が決まって地元へ帰れたら通うよ!」なんて言って、現実逃避

2014年5月 婦人科受診

現実から目を背けていたって、現状は何も変わりません。ようやく重い腰を上げて、クリニックへ足を運んだのが2014年5月のことでした。

初めての内診

人生で初めての内診でした。今でも記憶を消してしまいたいぐらい、嫌な思い出です。だって、まさか内診するとは思ってもみなかったんです。これまでは血液検査だけだったから、今回もそうだろう・・という思い込みがあったのです。(完全に自分が悪い)

「下着を全部脱いで内診台に上がってください」の言葉に、頭は真っ白。ほら、色々と準備とかあるじゃないですか・・(笑)もちろん心の準備だって必要ですし。

診断結果

放心状態のまま内診を終え、エコー結果を見ながら先生と問診します。そこで初めて“多嚢胞性卵巣症候群”という言葉を耳にすることになります。

・多嚢胞(PCOS)の可能性がある
・詳しいことは調べてみないと分からない
・自然妊娠は難しいかも

ということを伝えられました。ただ、内診のショックと診断結果のショックで、ほとんど上の空で聞いてました。(笑)とりあえず、基礎体温を2週間つけてまた来てください。と言われ、クリニックを後にしました。

その数日後に生理

クリニックへ行ったことが刺激となったのか?3ヶ月以上ご無沙汰だった生理が始まりました。「なぁ~んだ!生理くるじゃん!自力で排卵もしてるし病院行かなくたっていーや。」と、またもや現実逃避。(懲りない奴)

あのクリニックの先生が、どうも苦手だったんです。当時体重がBMI標準値より少し低かったんですが、それが原因だ!とか言うし。いやいや!BMIの標準値が妊娠の全てじゃないでしょ!きちんと問診さえもしてくれないし、私半泣きでした。(笑)

とにかく、初めての内診は非常に苦い思い出で終わりました。そして、やはりお医者さんって苦手だなーと改めて感じました。

2014年5月~ 自己流タイミング法の開始

その後すぐに、基礎体温を毎日付けて自己流でタイミング法に挑みました。ただ、「授かれたらいいね」ぐらいの感じで妊活をスタートしました。

2016年7月~ 再びクリニックの門をたたく

妊活スタートから2年。二人の時間も大切だから、焦らずやってきました。でも、2年続けてもダメって・・「やっぱりもう自分の力だけでは無理なのかな。」と思いました。幸い転職で地元へ戻ってこれていたのもあり、ようやく通院を決意。

初診

幸いにも、とても優しくて穏やかな先生でした。先生と合わなければどうしようもないので、ここは一安心。初診では、子宮頚がん検査血液検査内診をしました。今回は、きちんと内診に備えて気持ちを整えていたので動揺もありませんでした!

検査結果

それから1週間後、検査結果を聞きに行きました。内診と血液検査の結果、やはり「多嚢胞性卵巣症候群」は確定だと。「排卵さえされれば、自然妊娠も可能だから頑張ろうね。」と優しい言葉を頂けてホッと一安心した記憶があります。

それもつかの間・・「子宮頚がん検査で疑いがある」と、まさかまさかの言葉。総合病院を紹介され、再検査をすることに・・。妊活は一時休止となりました。

2016年9月~ 不妊治療再開(1週期目)

子宮頚がんの結果は幸い3ヶ月ごとの定期検診で済みました。安心はできませんが、ひとまず妊娠も可能だということで、不妊治療再開です。

クロミッド+hcg注射でのタイミング法からのスタートとなりました。

周期50日でリセット

1周期目は、残念ながらリセットに終わりました。

2016年11月~ 2週期目

そして現在に至ります!長い周期が終わり、2週期目のスタートです。今週期もどうなるか分からないけど、心をリラックスさせながらマイペースに過ごしたいと思います。

最後に

私は、高校、大学、結婚後とクリニックへ足を運んでいました。ただ、それも1回や2回の受診で逃げ出していました。

やはり、気になった時からきちんと治療を始めておくことは大切だと感じています。たとえ妊娠を希望していなくとも、将来のためにカラダづくりはしておくべきだったなーと反省しています。

後悔してももう遅いことなので、仕方ありません。温活に取り組んだり、妊娠しやすいカラダづくりも大切。前向きに頑張りたいと思います。

読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
おすすめ記事