専業主婦と兼業主婦は何故いがみ合うのか?心の問題から考える

「世間はそんなに甘くないんだよ!」

以前、兼業主婦の友人に言われた一言です。辛かったな~。悩んだな~。

専業主婦と兼業主婦の価値観の違いは永遠に埋まらない溝だと思います。

世間一般的な構図では、兼業主婦が専業主婦を敵対視し、叩いている傾向があるように思います。わたし自身働いていた頃は、専業主婦を自分より下に見ていた部分は少なからずありました。すみません。女子特有のくだらないマウンティングです。(もう女子と言える年齢ではないが)

そもそも、専業主婦・兼業主婦とカテゴライズすること自体ナンセンスです。それぞれひとくくりには出来ないほど様々なタイプがいますからね。

ですから今回は、専業主婦がどうとか兼業主婦がどうとかの問題ではなく、心の問題に焦点を当てて考えてみたいと思います。今心理学の本を読んでいるので、それに沿ってわたしなりに解釈してみます!

なぜ働くママは専業主婦にイライラし、いがみ合うのでしょうか。人は何故自分と対極にある人間にイライラするのでしょうか

スポンサーリンク
レクタングル大広告

人は何故自分と対極の人間にイライラするのか

皆さんは、どんな人を見るとイライラしますか?わたしも自問自答してみます。

  • パートで適当にしか仕事をしないお局
  • 普段はサボってばかりなのに上の人にへつらうのがお上手なお局
  • 世渡り上手なお局
  • 目的も無く大学に行きたいという学生
  • 人の迷惑を考えずに道を占領する人
  • トロトロ歩く人

・・挙げたらキリないわ!しかも、前半全部パートのお局の話だし。お局ディスりになってるし。

そしてもちろんこれらのことは、わたしはしないコト(出来ないコト)であって、対極の人間です。

頑張り屋の人はぐうたらの人にイライラします。
気遣いが出来る人は気遣いが出来ない人にイライラして、
甘えない人は甘えている人にイライラするのです。

自分とは対極の人にイライラしてしまうわけですね。

それは自分自身が抑圧してきた自分像

「自分がしない(出来ない)コトをしている人=抑圧してきた自分自身」らしいのです。むず!

母親の存在

性格形成には色々な要因がありますが、「母親」の影響力は大きいです。

わたしの母はとにかく真面目。クソがつくほど真面目。行動力もあって、今でもバリバリに働いています。

「こんな人になっちゃダメだよ」
「こういうことをした方がいいよ」
「これをしてみたらどう?」

うーん、優しい母だけど、プレッシャーが大きかったなぁ。

結果、わたしは「頑張る人」になりました。「人に迷惑をかけることが嫌な人」になりました。

だから、最初に挙げたような「人に迷惑をかける人」に対してイライラするのです。頑張らないのに評価されているお局に対してとんでもなく嫌悪感を抱くのです。(デタよお局)

幼い頃からの価値観の植え付けによって、「こうなったらいけない」という思い込みが無意識のうちに働いているのです。

働くママが専業主婦にイライラするのも同じこと

このように、「幼い頃に植え付けられた価値観」や「こうあるべきという常識」によって、わたしたちは自分自身を苦しめているんですよね~。

働くママが専業主婦にイライラしてしまうのも、同じ原理だと思います。(もちろん全てがそうだとは思いませんよ^^)

頑張らない自分が許せないから

小さい頃って、お母さんに喜んでもらいたくて、お母さんに笑ってもらいたくて、お母さんに褒めてもらいたくて、行動全てがお母さん!だったなぁ。

だから、頑張らない自分は褒めてもらえないと思ってたし、頑張らない自分が許せないのです。

兼業主婦の方が、ぐうたらしてみえる専業主婦にイライラするのは、「それをしたくても出来ない」という思いが心の奥底にあるのではないかと思います。ぐうたらするのはいけないことであり、怖いこと、という思い込みがあるのです。

小さい頃に甘えられなかった自分を、相手と重ねてイライラしてしまうのではないかと思います。

専業主婦と兼業主婦は紙一重

このように、対極にある人にイライラする原因は自分自身にあるらしいのです。

対極の人がすることをしてみる

だから結局は、イライラするような人がしていること自分もしてみればいいのです。

わたしは、冒頭に挙げたように頑張らないのに評価されるパートのお局にイライラしていました。「わたしはこんなに真面目に頑張っているのに何故評価されないのか?」と。

でも本当は、「仕事中におしゃべりしたい」「不真面目に生きたい」こんな想いがあるのでしょうね。

だから、自分も頑張らない。不真面目に生きてみる。そうすれば自分も相手も許せるようになる気がします。

自分がその立場に置かれる可能性は常に潜んでいる

専業主婦を批判する兼業主婦の方も、もしかしたらひょんなことがきっかけで専業主婦になる可能性もあり得ます。

で、自分がその立場になってみてようやく気持ちが理解できるのです。

極端な例を言えば、不倫を批判している人だって自分がその立場になり得る可能性はゼロではないわけですからね。かと言って、不倫は許せないから自分も不倫してみよう!とは思えませんけどね。(笑)

【おわりに】楽に生きよう。

人にイライラすることって、かなり疲れます。ムダに体力を消耗します。

結局は自分で自分自身を苦しめているにすぎないのです。

イライラの原因は自分自身にあることを知り、それを受け入れ、相手のことを許すことが大切だと感じます。

まぁ、そんなわたしもイライラカリカリしまくりなんですけどね。分かってても、難しい。どんな自分も許して受け入れてあげて、周りに寛容な人間になりたい!そしていつか仙人の領域に達してみたい。(無理か)

▼おすすめです▼

▼関連記事▼

貧乏専業主婦がお金をかけずに幸せに暮らす方法。
貧乏なのに専業主婦なわたし。はたから見れば、「貧乏なら働けよ」という感じでしょう。人は、自分の中の「当たり前」じゃない生き方をする人に対して...

では!読んでくださりありがとうございました◎

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
おすすめ記事