【楽に生きる方法】「シンプルに生きること」の意味とは?

「人生シンプルやで~。シンプルに生きたらええんよ~。」

大学生の頃アルバイトをしていた某飲食チェーン店の社長に言われた言葉です。

当ブログタイトルにも含まれている「シンプルに暮らす」ということ。このタイトルには様々な意味を込めて付けました。

十数年経った今でも、あの時社長から言われた「シンプルに生きる」という言葉が頭に残っています。そして今、あの言葉の意味がようやく分かるようになってきました。すると、とても楽に生きられるようになりました。

わたしなりにあの時社長が言った言葉の意味を解釈してみたいと思います。

“人生はシンプル”ってこういうことなんだな。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

何をしても満たされなかった時代

わたしは、今思い返すと保育園・小・中・高・大~結婚するまで、常に落ち着かない日々でした。

そして多分わたしは、社会ではやっていけないような人種なんだと思います。(笑)保育園の時から、小中高大全て不登校気味だったし。(保育園からて)

常に不安との戦い

ずーっと不安でした。常に何かに脅えていました。

「将来の夢を叶えるためにたくさん勉強して、親を喜ばせてあげよう。」こんなことばかり考えて、結局自分で自分の首を絞めていました。

学校も、勉強も、友人関係も、恋愛も、全部不安。何をしても満たされないのです。

良いことが起きても、素直に喜べません褒められても、素直に受け止められません

ネガティヴな方向でしか考えられないのです。負の連鎖でいっぱいです。

今なら分かります。これは自らが望んで作りだしていた状況なんです。

社長との出会い

冒頭に書いた通り、3年間ほどお世話になったアルバイト先があります。

関西人の社長はすごくフレンドリー。社長というより、たま~に偵察に来る、子デブな陽気おじちゃん。(ブラマヨ小杉さんみたいな)

しかし、ジャックナイフばりにトゲトゲしていたあの時代のわたし。社長のような明るい人種(言い方よ)が嫌いでした。

そして、社長もわたしのことが多分苦手だったと思う。成功者である社長からしたら、あの頃のわたしみたいな負のオーラ満載小娘とは関わりたくなかったのでしょう。(笑)やる気のない単なるアルバイト小娘ですからね。

売り上げ目標達成飲み会の時

社長同席の元、売り上げ目標を達成した記念に飲み会がありました。

その時も、トゲトゲしてたわたくし(周りからするといい迷惑)。生きることに疲れて、将来になんの希望も見いだせなかった。

多分、社長に愚痴ったのかな。覚えてないけど。

そして、あの言葉に繋がる。

「人生シンプルやで~。シンプルに生きたらええんよ~。」(関西弁をバカにしているわけではない)

人生は、シンプルらしい。

「は?」

当時のわたしがそれを理解できるわけもなく。ただただトゲトゲしていた。

結婚して運命がガラリと変わった

毎日忙しなく何かに追われて、疲れていたあの頃。

「こうしなきゃいけない」「こうあるべき」「これが普通」

世の中にはびこった“常識”にとらわれた生き方に限界を感じていました。

何にもない平凡期

それが一変、結婚してからは超~~平凡。へい!ボンボン!

仕事を辞めて、環境が変わったからというのもあるけど。この4年間は凄まじく平凡ですね。

もしや苗字が変わったおかげ?(笑)

夫の影響もある

スーパーポジティヴな常識にとらわれない夫の影響もあるのかもしれません。

わたしは元々ポジティヴ人間に拒否反応を示すタイプの人間です。なので、夫に対しても理解できないことが今でも多々あります。

夫は、「普通」「常識」「当たり前」という言葉が嫌いです。反面、わたしはその言葉を連呼してます。「それが当たり前でしょ!」「普通はこうでしょ!」とか。(意識していたら大分減ったけど)

結婚5年目を迎えて、今ではかなり夫色に染まれたかしら。

はい気持ち悪い冗談は置いといて。

平和に生きることが出来ている今、色々なことに気付けるようになりました。

シンプルに生きるための方法とは

巷では、シンプルライフ、ミニマリスト、持たない暮らし、断舎離など色々な「シンプルに生きる方法」で溢れかえっていますね。

モノを減らすことは「シンプルに生きる」ことに欠かせないことだと思います。わたしも、モノを持たないことで色々なことに気付けるようになりました。

しかし当ブログタイトルである「シンプルに暮らす」この言葉には、他にも別の意味を込めて付けました。

わたしは「シンプルに暮らす」ということをこういう風に解釈しています。

自分のやりたいことだけをやる

これまでわたしが進んできていた道・・それは、自分の意志で進んできていたつもりでした。

でも、違った。ただ、親を喜ばせたいがためにやっていたことでした。(かと言って親を責めてはいない)

まぁ、最終的には「親を喜ばせたい」=「自分のやりたいこと」という風になるのかもしれないけど。やはりそこは本当の意味で自分を大切にできていなかったんだなーと感じます。

でも、自分のやりたいことだけをやるってどういうことなのか?

「常識」を捨てる

自分のやりたいことだけをやるってなかなか難しいものですよね。

「シンプルに生きる」とは“常識を捨てる”という意味もあるのではないかと解釈しています。

例えば、「自分のやりたいことだけをやるなんて難しい」これも“常識”ですね。

つまらない常識や固定観念に縛られているから、苦しむんですよね~。は~あ。(どうした急に)

社長になるような成功者の人って、いわゆる「常識」が無い人なんじゃないかと思ってます。自分の思うがままに生きてるんですよね。これこそ、「シンプルに生きる」ってことなんだと感じています。

考え方が全て

「仕事を辞めれば生活出来なくなるし、今後何が起こるかも分からない!」

自分の好きなように生きるということは、こんな不安が付きまといます。しかしそれも、思い込みにしか過ぎないのです。

貧相な食事をする=不幸なこと
子どもに貧しい思いをさせる=不幸なこと
借金まみれになる=不幸なこと
安定した老後を過ごせない=不幸なこと

一般的にはこう思うかもしれないけど、これも思い込み。

べつに貧相な食事でもいいし。

子どもに貧しい思いをさせたとしても、それが貧しいことだと思わなければいい。

借金があってもべつにいいし、安定した老後じゃなくてもいいんじゃないかな~と。

考え方次第でどうにでも転がると思います。頭を柔らかくして、「常識」にとらわれないことが大切なんだと気付きました。

取捨選択して全てをシンプルにする

次に、全てをシンプルにするということです。

「安いものが好きな人は貯金が出来ない」は本当なのか?の記事に書いたように、取捨選択能力を磨くことが大切だと思います。

取捨選択とは、「良いもの・必要なもの」「悪いもの・不必要なもの」を選びとることです。

持たない暮らしの本質

モノを減らすことは、少ないモノで満足するということです。

そして、”今“を大切にして、“今あるモノに気付く”こと。

自分にとって今本当に必要なモノだけを置いておくのです。そうすると、気持ちが満たされてくるようになります。今あるモノに満足出来ると、楽に生きられるようになります。

これが、「持たない暮らし」にある根っこの部分だと思います。

人間関係もシンプルに

ズボラで面倒くさがりで貧乏だから、人間関係も極力シンプルにしたい。の記事にも書いてますが。

人間関係も、自分にとって損にしかならない人とは距離を置くべきだと思います。

話は少し戻りますが、社長が私を苦手にしていたと書きました。今思えば、それも社長ならではの感覚なんだと思います。「自分にとって良い影響を与える人しか周りに置かない」のだと思います。

「こいつは負でいっぱいやから、危険やで~」と瞬時に判断されたのでしょう。(関西弁バカにしてません)

いやでも社長という立場ならば、お店を良くするためにもアルバイトであるわたしみたいな小娘を教育することは大切ですね。ただ単にわたしのことが嫌いだっただけ?爆

自分にとってプラスになる人とだけ付き合うことで、自然と自分も良い方向に転がっていくような気がします。

おわりに

今わたしは貧乏で、仕事もしてないし、引きこもりです。他人から見れば「うっわ!こいつまじでダメ人間やな!」なんて思われることでしょう。

けれど、わたしは今幸せだし、健康だし、とても楽に生きられています。

もし過去のわたしが今のわたしを見たら、こう言うでしょう。

「子どもがいねーからそんなこと言ってられんだ!」と。

だけど、わたしはこう返すでしょう。

「へっ!そんな常識や固定観念に縛られて自分を苦しめているのは自分自身じゃねえか!そんなんじゃ一生そこから抜け出せねーぞ!ふははは!」と。

たとえお金が無くても、どうにかなるもんだし。「カチコチ脳を揉みほぐして、簡単に考えんかい!」と過去のわたしに言ってやりたいですね。

ちなみに

社長、元気かしら・・と思って調べてみた。(さすがネット社会)

多分まだ50歳ぐらいかな~と思ってたら、40歳だった。爆

そうか、あの頃はかなり老けてたけどまだ30ぐらいの子太りおじさんだったっけか。

そして今もバリバリすごい業績を伸ばしていた。ブログも頻繁に更新していて、勉強になる内容でした。やはり成功する人ってすごいですね。

まぁ、社長がどういう真意でこの言葉を言ったのかは謎なんですけどね。(笑)

シンプルでええんやで~~」(バカにしてません)


幸せになる勇気という本、おすすめです!

▼関連記事▼
貧乏専業主婦がお金をかけずに幸せに暮らす方法。

節約生活に便利!管理人おすすめアプリ

スーパーやドラッグストアの特売日が知りたい!」「お得に買い物をしたい!」そんな方にはチラシアプリがおすすめです。近所のお店はもちろん、知りたい街にある店舗のチラシを検索できます。スマホで簡単に、しかも無料で使えます!管理人おすすめのチラシアプリは『Shufoo!(シュフー)』。無駄な操作が必要なく、シンプルで使いやすい!食費節約に欠かせないたまごの特売日は要チェックです!

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ
iOS App Store
Android Google Play

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
おすすめ記事