夫の転職成功までの道のり。年収150万ダウンでも決意したワケ。

夫の転職活動を終えて、7か月程経とうとしています。結婚生活で、これほど辛くて不安でイライラした期間は初めてでした。先が見えず、とても辛かったです。ピーク時には、滅多に熱を出さない私が人生で2回目のインフルエンザにかかったほど。(笑)

今、旦那さまの転職で同じように悩まれている方もいらっしゃるのではなかと思います。そんな方にとって少しでも参考になればと思い、夫が転職を決意した経緯から、内定をもらうまでの道のりについてまとめたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

夫の前職について

まずは、夫の前職がどのような仕事だったのかについてお話させていただきます。

転勤の多い仕事だった

仕事柄、転勤が非常に多かったです。半年で異動になることもありました。私がパートを始めた直後に夫の転勤が決まったりと、私自身とてもストレスになっていました。

転々とするせいで技術が身に付かない

夫は技術職でしたが、異動するたびに職務内容が変わっていました。慣れてきた頃に異動が決まるため、広く浅い知識になってしまっていました。

お給料は運次第

お給料は、配属先によってかなり差がありました。一番良い時で手取り32万程(残業代含む)、転職直前のお給料は手取りで19~21万程でした。ボーナスは年に2回で、夏と冬それぞれ45万程もらえていました。月収は低くても、ボーナスのおかげで年収400万程はありました。

転職を考え始めたきっかけ

実は、夫が自ら「転職したい」と言い始めたわけではありません。。私が希望してのことでした。

あと3年続けて結果が出なければ辞める

夫の前職は、運次第で良くも悪くも転がるところでした。そして、長く続けるような場所ではありませんでした。転職は28歳をピークに、30歳を超えると需要が落ちてくると聞きました。あと3年続けても現状と何も変わらない技術力が続くのであれば、転職して欲しいと伝えました。

毎年の帰省費が苦しかった

年に1,2回は実家へ帰省していましたが、飛行機で1人片道4、5万はかかっていました。帰省費だけで毎回30万程飛び、それがとてもストレスでした。

家族や友人の近くにいたい

大切な家族や友人と離れている生活が辛かったです。何かあった時すぐに駆けつけられないことが本当にストレスでした。

とりあえず、お給料は二の次。将来を見据えて技術力がちゃんと身に就く職場に行ってもらいたいという想いが一番でした。あとは、親の近くで子育てをしたいから、地元で転職してもたいたかったのです。。要は、私のわがままですね。。

夫の反応

夫は、ポケーっとしたマイペースな人です。(笑)夫自身は転職したい!という願望はありませんでした。「どっちでもいいよ」という感じ。(笑)でも、家族の幸せを一番に考えてくれて、徐々に転職する意思を固めてくれていってましたね。

転職活動開始~

2015年2月までには内定をもらうという目標を決め、2014年10月から活動開始しました。転職エージェントへ登録し、エージェントとの面談をしました。

しかし、夫があと1年は仕事を辞められない状態になり、転職活動は一時中断となりました。それからの1年間は、とても辛かったですね。パートを始めようにも始められないし、何も出来ない状況が非常に歯がゆかったです。

転職活動再開

仕事がキリのいい状態となり、ようやく活動再開出来ることになったのが2015年の10月。最初の2カ月は企業研究や職務経歴書の作成だけで終わってしまいました。なかなか進まない現状に私は毎日ピリピリしてしまってましたね。夫の方が大変なのに。。汗

応募企業まとめ

活動期間 10月~3月(6ヶ月間)
応募企業数 11社
書類選考落ち 6社
一次面接落ち 2社
一次面接辞退 2社
内定 1社

応募企業は全部で11社書類選考で6社落ちました。企業ごとに志望動機を考えて、一つの書類を完成させるだけでとてつもない労力がかかります。書類で落ちるだけでかなり精神的なダメージがありますね。

残り5社は書類通過しましたが、うち2社は一次面接落ち。大手企業だったのでダメ元で挑んだんですが、やはり面接で難しいことを聞かれて答えられなかったそうです。

残り2社は条件が合わず一次面接を辞退。最後の1社で内定を頂けました。

活動の流れ

活動の流れとしては、以下の表にまとめました。

11月末 A社一次面接→落ち
12月2週目 B社一次面接→落ち
2月2週目 C社一次面接→通過後辞退
2月4週目 D社一次面接→通過
3月1週目 D社二次面接→内定
3月2週目 E社一次面接→辞退

日程を組むのが大変でしたね。ただただ時間ばかりが過ぎていき、精神的に辛い日々でした。お前は何もしてないだろって感じですが。(笑)

転職活動を通して大変だった点

仕事との両立

夫を見ていて、一番大変そうだった点は仕事との両立です。面接の際は仕事を休んだり、半休をもらったり、調整するのが大変そうでした。

Uターン転職

更にUターン転職のため、企業選びにも苦労しました。面接の度に交通費がかかることも心配。しかし、本社が東京に無い場合はskype面接を行ってくれる企業もありました。Uターン転職は、条件も狭まりますし、それだけで受けられる企業が少なくなります。

企業応募の進め方

それから、同時に数社並行して面接を受けるべきかも悩んでいました。その場合、調整が難しくなりますし、精神的にも大変です。時間はかかりますが、書類選考→面接→結果を一まとめとして1社ずつ受けていってました

経験が浅い

これは、最も恐れていたことですね。広く浅い知識や技術力のため、どうしても未経験としての応募になってしまいます。それだけで応募できる企業は限られ、応募しても書類選考で落ちてしまいます。面接でも、痛いところを突かれて答えられないことも多くあったようです。

ようやく内定を頂けた!

半年間、夫は本当によく頑張ってくれたと思います。ただ、夫を支えなければならない私の方が精神的に参ってしまっていました・・。転職は、サポートする側も根気がいることなのだと感じました。

書類選考から面接までの期間もかかりますし、結果待ちの間は何もできない状況が続きます。それがとても歯がゆかったです。

内定を頂けたはいいが・・

さて、内定を頂けたのはいいのですが、未経験採用となったためなんと年収が250万~300万になるとのこと・・。引越せば家賃も高くなりますし、どうしたらいいのか本当に悩みました。夫は、私がOKすればそこへ行く気満々でした。

その時点で他の企業をまた1から応募するのも時間がかかる・・。もう、やるしかないんだ!という半分妥協で(笑)そこへ行く決断をしました。

おわりに。旦那さまの転職で迷われている方へ

私は当時、検索魔になっては落ち込んで・・を繰り返していました。「転職は簡単ではない」「転職して失敗した」「転職で給料が上がることはない」等々・・。厳しい意見ばかりですよね。

ネットの掲示板ではこんな相談をよく見かけます。「給料が低いから旦那に転職をしてもらいたい」と。それに対して、「そんな甘いものじゃない」という回答ばかり。叩かれている相談者もいたり。

意思を持って!

でも、そんなことに惑わされてはいけないと思います。「夫の給料が低いから転職してほしい」という考えは仕方のないことです。それが、甘いだのなんだの言うのはおかしいです。

確かにそう簡単なことではないかもしれませんが(実際うちもガクンと落ちてる)職種や経験によるので諦めたらダメです!(もちろん旦那さまの気持ちは最優先に)

旦那さまを上手くサポートして

それから、旦那さまの性格によってもサポートの仕方が変わってくるのではないかと思います。私の夫は、ポケーっとしてるので(笑)、私がお尻を叩かないと何も行動しないタイプです。汗

男性によっては、女性から仕事のことをアレコレ言われるのが嫌なタイプの人もいますよね。そこの判断は大切なんじゃないかと思います。そういうタイプの人には「転職して欲しい」と言うのは逆効果な時もありますもんね。。

何が一番幸せかを考える

お給料はガクンと下がって、今は貯金を崩しながらの生活になっています。それでも、家族や友人の近くにいれることはとても大きく、幸せです。転勤が無いこともありがたいですね。子どもが産まれたらいずれは私も働くつもりですし、生活出来ないことは無いと思うのです。

貧乏生活。お金が無いって惨めなの?
夫のお給料は手取りで20万円もいきません。むしろ、手取りで20万も貰えてたら月々5万は貯金できちゃいます。我が家はそんな生活を送って...

こちらの記事でも書いているように、お金が無くたって考え方次第で幸せになれると思うんです。お給料が減ることは不安で不安で仕方ないことだと思いますが、きっと大丈夫です!それから、旦那さまがやりたいことがあるのであればそれを最優先してあげたいものですよね。

正直、設立間もない会社への転職だったのでいつ倒産するかも分かりません。(笑)それはこれからも不安ですが、まぁ私だって働けるわけですし。なんとかなるもんです。旦那さんを上手くサポートして、転職活動頑張りましょうね!!

皆さんの参考になれば幸いです。読んでいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告