旅行カバンはキャリーバッグとリュック(バックパック)どっちがいい?

こんな人に読んで欲しい

・旅行カバンでキャリーバッグとリュックどちらを買うか迷っている
・キャリーバッグを手放そうか迷っている

旅行カバンの選択肢としては主に以下の3つが挙げられるかと思います。

1.キャリーバッグ
2.ボストンバッグ
3.リュック(バックパック)

それぞれメリットデメリットがあるので、旅行カバンを新しく購入する際には迷う方も多いのではないでしょうか。

わたしは10年間愛用していたキャリーバッグを引っ越しと同時に処分。キャリーバッグに不便さを感じていたのでほとんど使わなくなっていました。そこで新しく旅行カバンとして使っているのが大容量のバックパックです。(ボストンバッグは選択肢にありませんでした)

ということで今回は

・キャリーバッグとリュックのメリットデメリット
・結果的に旅行カバンには何がおすすめ?

についてまとめたいと思います。現在迷われている方の参考になれば幸いです。

※記事中に「リュック」や「バックパック」と出てきますが本来の意味は同じだそうです。(リュックサック=ドイツ語、バックパック=英語)
ただ、日本では『日常使いの小型のものをリュック』『登山用の大型のものをバックパック』と呼ぶことが多いようです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

キャリーバッグのメリット・デメリット

キャリーバッグ歴10年で感じたメリット・デメリットを挙げていきます。

デメリット

まずはデメリットから。

・片手が塞がる
・人混みの中を歩く時に邪魔
・ちょっと手を放した隙に転がっていく
・コロコロ転がす時キャスターの音がうるさい
・キャスターが壊れやすい
・汚れたキャスターの手入れが面倒くさい
・収納場所に困る

片手が塞がる(常にハンドルを持っておく必要がある)

キャリーバッグの一番のデメリットはこれなんじゃないかと思います。

そう、片手が塞がること

わたしは常に両手を手ぶらにしておきたいタイプです。(階段とかでよくこけるし)
ですので、キャリーバッグで片手が塞がってしまうのが非常にストレスでした。

電車の切符を買う時・・レジでお金を払う時・・お土産を見る時・・。地図を見る時・・。ほんの数秒間でもキャリーバッグから手を離さないといけない瞬間が出てきます。

こ・怖い!!(笑)

いつも妙に緊張してしまうのです。転がっていくんじゃないか?!人の邪魔になるんじゃないか?!常にキャリーバッグの存在を気にしておくのが地味にストレスです。

人混みの中を歩く時に邪魔

キャリーバッグって邪魔ですよね~・・。自分がキャリーバッグを引いている時、周りに迷惑がかかっていないかめちゃくちゃ気遣います。人混みの中では自分の横に立てて四輪で転がすのがマナーだとは思うんですが、それをしても結構神経すり減らします。

特にわたしが使っていたキャリーバッグはキャスターが上手く回らず、横に立てて転がすのが一苦労でした。(笑)

前を歩く人のキャリーバッグにつまずきそうになることもあります。世間ではキャリーバッグのマナー問題が騒がれているようですが、まぁ確かに気になりますよね。本人も周りもストレスになるのなら持たないのが一番だと思い、手放すことにしました。

ちょっと手を放した隙に転がっていく

特に神経使うのがエスカレーターに乗る時。ちょっとでも手を離したら勢いよく転がっていきます。実際そういう事故も起きているようですし。

電車やバスでも一瞬気を抜いて手を離した隙に転がっていったことがあって、焦りました。

キャスターの音がうるさい

道路なんかは特にうるさいですね。閑静な住宅街とか歩く時、めちゃくちゃ響きます。あと、アパートの通路も響きますね。抱えて歩くようにしていましたが、大変でした。

キャスターが壊れやすい

わたしが安物のキャリーバッグを買ったからか?気付いたら壊れていました。(笑)

小石がめっちゃ詰まってるし。

汚れたキャスターの手入れが面倒くさい

以前、あるバラエティー番組で「ズボラ女性」の特集をしていました。

『キャリーバッグで帰宅後、キャスターを拭かずにそのまま家に上げる』と。
・・わたし、独身の時コレしてました。(笑)

収納場所に困る

狭い我が家にはキャリーバッグを収納できる場所がありまへん!

メリット

次にメリットを挙げます。

・荷物が多い時に移動が楽
・丈夫なので荷物を守ってくれる
・荷物が取り出しやすい
・服がしわになりにくい

荷物が多い時に移動が楽

重さの観点からいうと大荷物の時はキャリーが楽ですよね。サブバッグなどをキャリーの上に乗せて転がすことも出来ますしね。

丈夫なので荷物を守ってくれる

飛行機なんかに乗る時は、カバンなんかバンバン投げられたりします。そういう時はキャリーバッグだと外側が丈夫なのでリュックやボストンよりも安心です。

荷物が取り出しやすい

大きく開いてくれるので荷物の出し入れが楽です。収納の仕方次第ですごくきれいにパッキング出来るので開けた瞬間の見た目も良いですね。

服がしわになりにくい

綺麗にパッキングすることが前提ですが。(笑)やはり、リュックやボストンバッグに詰める時と比べて、服がしわになりにくいです。

リュック(バックパック)のメリット・デメリット

さて。続いてはリュック(バックパック)のメリット・デメリットを挙げます。

デメリット

まずはデメリットから。

・長時間歩くのはキツイ
・荷物の出し入れがしづらい
・服がしわになる
・雨の日に中身が濡れることも
・コーディネートに困る

長時間歩くのはキツイ

長時間大荷物を背負っての徒歩移動は、慣れていないとキツイかもしれませんね。わたしはキャリーバッグを長時間引いて歩く方がストレスになりますが。(笑)

荷物の出し入れがしづらい

荷物を詰める際は考えて入れないと後々面倒くさいです。1日目に使うものが一番底に入っていると全部取り出さないといけないですからね。気付いたらリュックの中身が部屋中に全部出ているなんてこと、しょっちゅうです。(笑)

服がしわになる

衣類はしわになりますね。わたしの入れ方が悪いのかしら。(笑)

しわになりやすい物は持って行かないなるべく上の方に詰める、などと工夫をする必要がありますね。

雨の日に中身が濡れることも

雨の日の旅行なんて嫌ですね~。(笑)傘をさしてもリュックだけはみ出て濡れてしまいます。

防水ではないリュックは、防水カバーがあるといいですね。

コーディネートに困る

いかついバックパックに可愛らしいスカート・・なんて格好はちょっと合わないかもしれませんね。

また、リュックによっては腰部分が擦れてしまうので洋服に毛玉が出来てしまうこともあります。着る服が多少制限されてしまうのもデメリットですね。

メリット

次にメリットです。

・両手が空く
・大きさによっては機内持ち込みが可能
・人混みでもスイスイ歩ける
・収納場所をとらない

両手が空く

やはり両手が空くのは一番のメリットですね。旅行中はカメラを出したりお財布を出したりすることも多いです。キャリーだとその度に立ち止まって取り出す必要があります。リュックはそんなストレスも無いのでとても楽です。

大きさによっては機内持ち込みが可能

わたしはLCCに乗ることが多いんですが、毎回リュックで機内持ち込みにしていました。ジェットスターなんかは機内持ち込み手荷物が合計7㎏になってしまったので相当荷物を減らさなければいけませんが・・。

せっかちなわたしは、荷物を預ける時間や待つ時間が苦痛で仕方がありません。(笑)荷物受取場で荷物が出てくるまでの時間も長いし、それから更に自分の荷物が回ってくるまでの時間も長い!た、耐えられぬ。(笑)

荷物を減らしてでも機内持ち込みにしたいです。。もちろん長期旅行の際はさすがに厳しいですが。

人混みでもスイスイ歩ける

人で溢れた電車乗り場やお土産やさん・・。キャリーを持ちながら移動するのはとても大変です。

リュックだとスイスイです!

ただ、狭い通路を方向転換する時なんかはリュックの幅を考えないとぶつかることもあるので注意が必要ですね。

収納場所をとらない

リュックはコンパクトになるし、場所をとらないので収納にも困りません。1DK38平米の我が家でもクローゼットに収納出来ています。

キャリーバッグVSリュック(バックパック)おすすめはどっち?

さて、それぞれのメリットデメリットを挙げてみましたが・・

わたしは絶対的にリュック(バックパック)派です。むしろ、キャリーバッグはあまり好きではありません!(笑)

常に早歩きなわたしとしては、やはり身軽に動き回れる方が良いです。

せっかちさんにはリュックがおすすめ

特にせっかちさんにはリュックが合っているような気がします。せっかちな人って、無駄な動きや時間が嫌いな人が多いのではないかと思うのです。

常に両手が空いている、身軽に動き回れる、人混みの中でも歩きやすい、キャスターの手入れが必要ない!そんなメリットがあるリュックがぴったりなのではないでしょうか。

あくまでもわたしの感覚ですが。(笑)

3泊以上なら大容量のバックパックがおすすめ!

わたしは30Lのリュックと、80Lのバックパックを使い分けています。

1泊~2泊の近場旅行では30Lそれ以上の旅行や実家帰省では80L。という感じです。どちらの時もコンパクトなショルダーバッグを別で持って行きます。

冬はセーター類が嵩張りますし、化粧品類も荷物になるので30Lではギリギリな場合が多いです。大は小を兼ねるということで、大きめのバックパックを持っておいて損はないと思います。(80Lはかなり大きいです!)

登山だけでなく旅行用としても使えますよ。災害時の防災リュックとして置いている方も多いようです。

おわりに

旅行日程やプラン、移動方法などによっても選択肢は変わってきますよね。しかしどんな旅行であったとしてもわたしはリュック(バックパック)を選びます。

リュックは更に容量選びで迷うものですが、可能であれば日常使い出来る30Lほどのリュックと、40L以上の大きめのバックパックを持っておくと便利ですよ。

皆さんの参考になれば幸いです^^

節約生活に便利!管理人おすすめアプリ

スーパーやドラッグストアの特売日が知りたい!」「お得に買い物をしたい!」そんな方にはチラシアプリがおすすめです。近所のお店はもちろん、知りたい街にある店舗のチラシを検索できます。スマホで簡単に、しかも無料で使えます!管理人おすすめのチラシアプリは『Shufoo!(シュフー)』。無駄な操作が必要なく、シンプルで使いやすい!食費節約に欠かせないたまごの特売日は要チェックです!

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ
iOS App Store
Android Google Play

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告