結婚式挙げる派?挙げない派?貧乏夫婦が「ナシ婚」を選んだ3つの理由

こんにちは!さきぬまぁです!

わたしたち夫婦は結婚式を挙げていません。最近では「ナシ婚」と言うらしいですね。その代わりにフォトウエディングをし、周囲へははがきでの結婚報告をしました。

挙げる派挙げない派それぞれ理由はあると思いますが、今回はわたしが結婚式を挙げなかった理由についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

わたしが「ナシ婚」を選んだ3つの理由

結婚式挙げる派の方からしたら「ムムッ!」っと思われてしまいそうですが・・簡潔に3つの理由を挙げてみます。

①興味が無いから・面倒くさいから

最も大きな理由としては「結婚式」に対する興味が無いためです。

小さい頃から、着飾ったり女の子っぽいことをするのが苦手でした。成人式にも行ってません。

それから、基本的に超が付くほどズボラで面倒くさがり屋なので、面倒なことは極力したくないというダメ人間です。

ただ、大学の卒業式では袴をレンタルしたんですが、あれは良い思い出になりました。結局は、やったらやったできっと楽しいんだろうな・・

②お金がかかるから

とにかくドケチな性格なので、ムダなお金を使いたくないという理由もありました。結婚式にお金を出すなら、新婚旅行にお金をかけたいという気持ちが大きかったです。

③人前に出るのが苦手だから

人前に出て写真を撮られて・・というのが苦手です。ダメ人間です。(デタ)

以前友人の結婚式に行った時、「主役って最高だね~!」って言ってました。わたしはきっと主役になったり、人から注目されるのが恐怖なんだと思います。根暗すぎますね。(笑)

そもそも結婚式を挙げる意味とは?

嫁としてはダメダメなひねくれ人間ですが、結婚式を挙げる意味はあると思っています。

①パートナーのお披露目の場

親族や職場、友人へパートナーを紹介する場って、こういう時じゃないとなかなか無いんですよね。

友人はまだしも、親族が一同に揃う場って数年に一度あるか無いかですもんね。両家の親族同士が顔を合わせられる場として、結婚式は重要な役割を果たしていると思います。

ただ、わたしはマイナス思考なので「別に呼ばなくてもいいよ、面倒くさい」と思われているんじゃないかと考えてしまうのです。

特に数十年ぶりに合う友人だったり職場の人って、呼ばれても嬉しくないかな~と思ってしまうんですよね。マイナス思考だから。

②親への感謝の気持ちを伝える場

一つの節目として、子どもの晴れ姿を見せることは親孝行になるのかもしれません。

正直わたしは、身内だけの結婚式なら挙げてもいいかな~という想いはありました。友人は本当に仲の良い数名だけ。

それでこそ本当の結婚式の意味を成している気がします。

フォトウエディングとはがき報告を選んだ理由

「写真だけでも撮ったら?」という周囲からの意見で、フォトウエディングをすることにしました。10万ぐらいだったかな。そこで撮った写真をはがきに自分でデザインし、結婚報告をしました。

結果的にわたしはこれで良かったと思っているんですが、その理由を挙げてみます。

①親にドレス姿を見せられた

「結婚式は挙げなくてもいいよ~」と言っていた母にドレス写真を見せたら、意外にも感動してくれて。撮って良かったなと思った瞬間でした。

②周りへの負担が少ない

数年会っていない友人や遠くの親戚などへの報告としては、これで良かったような気がしています。呼ぶべきかどうか迷うような関係性であるなら、結婚式へ呼ぶよりも相手への負担は少ないのではないかと思いました。

③写真を残せた

フォトウエディングの写真を見ることなんてそうそうありませんが(笑)記念にはなったのかなと思っています。

しかし、やはり恥ずかしかったです。写真撮られるの。「見つめ合ってください~」とか「おでこくっつけてください~」とか、、

「そんなこと出来るかいな!」って感じでした。(笑)

おわりに

お金が無いから結婚式は挙げないという方は、写真だけ撮るのもいいかもしれません^^最近ではこういうスタイルも増えているそうですね。

わたしが撮った所では、親や子どもたちを含めての撮影もOKでした。そういうのも楽しいだろうな~。

撮影後は、結婚報告はがき注文サイトで自分でデザインして作りました。費用も安くで済みましたし、結婚報告をしていないというモヤモヤも解消されました。

わたしはやっぱり結婚式挙げたくない派ですが、子どもが出来たら子どもには挙げて欲しいと思うだろうな~。(笑)

では!読んでいただきありがとうございました^^

▼関連記事▼

世帯年収250万の貧乏夫婦が幸せでいられる理由。
夫の転職後世帯年収が250万となった我が家。転職先から内定をもらった時は知恵熱を出すほど悩みました。 正直、お金はありません!(笑)で...
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告