「安いものが好きな人は貯金が出来ない」は本当なのか?

「千切りスライサーが欲しい!」

先日夫が急に、電話でこのようなことを言ってきたのです。わたしが実家に帰っている時でした。

この電話をきっかけに大喧嘩へと発展したのです。

話は飛んで。「安いもの好きな人は貯金できない」と何かの本で読んだことがあります。全てがそうとは限らないとは思いますが、安けりゃいいってもんじゃないなーとつくづく思いますね。今回は、安いものが好きな人は本当に貯金が出来ないのか?ということについて考えてみます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

目先の損得ではなく長期的な損得で考えることの大切さ

どうでもいいのですが、わたしのキャベツ千切りはもはや千切りとは言えません。太いならまだしも、繋がってることもあるし。わたしは気にしないけど夫はこういうの気になるみたいです。(当たり前だ)

我が家では、キャベツやにんじんの千切りをサラダにして食べることが多いです。しかし千切りは時間もかかるし面倒だし。夫はほっそ~い千切りキャベツが食べたいらしいし。そんなこんなで、千切りスライサーが欲しいね~と夫とよく話していたのです。

安さに惑わされてはいけない

そして、冒頭の電話に戻ります。

わたしは、「じゃあ雑費から出していいから、ちゃんと調べて買ってね」と散々忠告しました。でも、電話だから夫も強気

「小遣いから出すし!今から100均で買ってくる!」と夫。

以前100均で見たおもちゃみたいなショボいスライサーを買うとのこと。

「は?あんなの使えるわけないやん!買うならちゃんとしたものを買ってよ!」怒鳴るわたし。

しかし、一度決めたら頑固な夫。特にわたしの言い方が高圧的すぎるのが原因なのか、わたしが言えば言うほど頑固になるのです。(そう、高圧的な言い方が悪いのです)

「どうせ俺の小遣いから出すからいいだろ!」と夫。

「そういう問題じゃないでしょ!買うならちゃんとした物を買えってこと!100円でも大切なお金でしょ!普段100円のコーヒーとか我慢してるくせに、そういう所は100円ぐらいって思うわけ?!」ヒートアップするわたし。

だけど、話しは平行線のまま。結局、「もう知らんわ!勝手にしろ!」と言って切りました。

安いものは安いものでしかない

わたしが家に戻ると、千切りスライサーが置かれていた。(ピンクのおもちゃみたいな)

ああ、買ってきやがったよ。

「こんなので切れると思う?わたしは使わないからね。」

「俺使うし。」・・相変わらず頑固夫。

それからにんじんをスライスしてました。

ザッザッザッザッ・・・

一生懸命スライスする夫の背後から覗いてみた。

き・切れてね~~!すりおろしているの?

案の定。予想通りの結果でございます。結局、あまりにも使えないからその後使うこともありませんでした。そんで、夫にも言わず勝手に捨てました。(笑)

100均のものが全て悪いとは思いません。しかし、こういう長く使う調理器具なんかはちゃんとしたものを買うべきですよね。安いものは安いものでしかないのです。結果的に100円をムダにしたわけですからね。(夫に言うとまた拗ねるから言わないけど)

このように、安さゆえに買ってしまったけど、かえって損をしてしまったということは日常生活の中でも多々あります。

安いもの好きは貯金が出来ないという考えについて

今回のエピソードのように、安いものが好きな人はムダなお金を使っていることが確かに多いのかもしれません。

世の中には、貧乏人の特徴とか、お金持ちの特徴とか、貯金出来る人の特徴とか、色々ありますよね。わたしはアホなんで、こういう本を読むと知恵熱出してしまうんですけどね。しかも、貧乏人の特徴とかに当てはまりすぎていて、読んでてツライし。(笑)

冒頭にも書いてますが、この前チラっと読んだ本に「安いものが好きな人は貯金が出来ない」という項目がありました。きちんと読んでいないので(読めよ)、どんな内容なのかは分からないのですが。わたしは安いものが好きなので、ギクリとしましたよ、ええ。

では、安いもの好きはどうしたら貯金できるようになるのでしょうね。

取捨選択能力を身に付ける

わたしは安いものが好きです。なんでもかんでも値段で比較して買ってしまいます。(あんだけ夫に怒っておきながら、わたしも結局そう)

だけど、安いものが好きなことは悪いことだとは思いません安いものの中でも「良いもの・必要なもの」と「悪いもの・不必要なもの」をいかに見分けるかが大切だと思っています。

安くても良いものと、多少高くても長く使えるものを上手く混合して利用していくこと。そうしたら、安いもの好きな人でも貯金することは可能ではないかと感じてます。

安いもの好きな人こそ貯金する能力はあるのでは?

安いものが好きな人こそ、取捨選択能力を磨けばものすごく良い方向に転んでいくのではないかと思っています。だって、安いものを見つける人ってその能力に長けてますよね。意地でも安いものを見つけられるわけですから。

そこで取捨選択の力を発揮できれば、かなりの節約と貯金に繋がると思うのです。

おわりに

お金持ちの人って、この取捨選択能力に長けているのではないかなーと感じます。不必要なモノは切り捨て、必要なモノにはお金を惜しまず使っています

わたしは、この必要なモノにはお金を惜しまず使ったり投資することが出来ていないのです。ケチすぎてね。ということで、間違うことを恐れずに取捨選択していきたいですね。

ちなみに。わたしのキャベツの千切りは未だに改善されておらず(極太なまま)、夫から文句を言われる日々でございます。スライサー買いますね、取捨選択して。

では!読んでいただきありがとうございました◎

関連記事
貧乏専業主婦のお金が無い生活。節約をするって恥ずかしいこと?

節約生活に便利!管理人おすすめアプリ

スーパーやドラッグストアの特売日が知りたい!」「お得に買い物をしたい!」そんな方にはチラシアプリがおすすめです。近所のお店はもちろん、知りたい街にある店舗のチラシを検索できます。スマホで簡単に、しかも無料で使えます!管理人おすすめのチラシアプリは『Shufoo!(シュフー)』。無駄な操作が必要なく、シンプルで使いやすい!食費節約に欠かせないたまごの特売日は要チェックです!

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ
iOS App Store
Android Google Play

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告