ズボラで面倒くさがりで貧乏だから、人間関係も極力シンプルにしたい。

わたしは究極の面倒くさがり屋です。貧乏主婦が惨めだとか、専業主婦はダメだとか、ネットでは色々な意見が飛び交っています。わたしは、それについて考えたりするのさえ面倒くさいです。極力、何も考えずにシンプルに生きたいのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

他人軸で生きることについて考える

最近、「ブログ何書こうかなー」って考えた時、「知恵袋なんかを見てテーマを決めてみるといい」という意見があったのでチラっと覗いてみました。やはり知恵袋を読んでいると、非常に疲れます。

人の生き方にケチつけたり、こういう人についてどう思いますか?とか意見を求めていたり。これって、結局他人軸で生きているから他人が気になってしまうのです。人と競い、比べて、自分の価値を見出そうとします。

他人軸で生きると疲れる

過去のわたしがそうでした。他人からの評価を気にして、そして他人の言動に対しても敏感になる。わたしに向けられる言動がいちいち気になる。「あの人のこういう所が気に食わない」とか「あの人はあんな行動をして最低だ」とか。

ネガティブなわたしは、「あの人がわたしに対して冷たい気がする。」「あの人はきっとわたしのことが嫌いなんだ。」こんなことばかり考えていました。

これって、ホントに疲れます。

自分の生き方も他人の生き方も認めてあげること

他人軸で生きるということは、自分の在り方が他人ベースになってしまっているということ。

以前、こんな記事を書きました。

貧乏生活。お金が無いって惨めなの?
夫のお給料は手取りで20万円もいきません。むしろ、手取りで20万も貰えてたら月々5万は貯金できちゃいます。我が家はそんな生活を送って...

知恵袋で「我が家は裕福な方です。貧乏主婦が節約しているのが惨めです。」なんて投稿を見た時のお話です。

結局この人も、他人軸になっているからではないかなーと思うんです。自分の在り方をしっかりと持っていれば、他人の生き方なんてどうでもよくなりますその人はその人の生き方があって、そんな生き方でも良いんです。自分の生き方も、それでいい。人の生き方も、それでいい。

だからこそ、「お金があること=幸せである」とは限らないような気がします。“いかに今の自分の生き方を認めてあげられているかどうか”ということが、大切なのではないかと感じますね。お金があっても幸せだし、貧乏でも幸せなのです!

自分軸で生きるためには?

他人軸の反対は、自分軸他人に惑わされず、自分の在り方をしっかりと確立していることです。わたしは、完璧に自分軸で生きられているわけではありません。

例えば、お義母さんからの評価が気になってしまったりとか、未だにあります。これは、「どう思われても問題ない!わたしは好かれているから大丈夫、大丈夫。嫌われたって大丈夫。」と、「どっちでもいいや」と考えることで少し楽になっています。・・とは言っても嫌われたくはないですけどね。(笑)

自分がやりたいことだけをやる

自分軸で生きるためにはまず、「自分が本当にやりたいことだけをやる」ということ。したくないことはしない、嫌いな人とは付き合わない、好きなことだけをする。

他人の評価や世間体を気にせず、自分の思うがままに生きるのです。

そうすると、生き方がシンプルになって自分軸で生きられるようになります。たとえ他人に嫌われようが、そんなことさえも気にならなくなります。そして、そういう人はとてもキラキラしていて自然といいオーラに包まれます。結果的に、周りにはそういう人たちが集まってきてまさに良循環。

自分軸で生きるとはそういうことなんじゃないかと思います。

専業主婦だって、いいんだ。

わたしは、専業主婦でいることがすごく後ろめたくて、人からの目が気になって仕方がありませんでした。

「転勤族だから仕事が出来ないんだ。仕方がないんだ。」こんなことをいつも言ってました。「でもどうせ『そんなの言い訳だ。子どもがいないのに働かないなんて!』と、皆思ってるんだろうなー。」って、他人軸な考えでした。

こんな考えは、もう辞めることにしました。働いたっていいし、専業主婦だって、いいんだ。自分の好きなように生きると決めました。

そしたら、毎日がすごく楽しい。「トゲトゲオーラが無くなって、優しくなったね。丸くなったね。」と色んな人に言われます。(昔一体どんだけカリカリしてたんだって感じですが)

専業主婦はどうしても叩かれる対象になりやすいですよね。社会から孤立している感じがして、自分だけ置いて行かれているような気がします。でも、別にそれでいいんです。叩かれてもいいし、社会から孤立したっていい。置いていかれたって別にいい!問題なし!自分が楽しく生きていればそれで良いような気がします。

どんな自分も認めてあげて、自分軸で生きることが大切なのだと感じています。

ズボラで面倒くさがりで貧乏だから、シンプルな人間関係にしてみた

ズボラ・面倒くさがり・貧乏まさにわたしの代名詞という感じです。(笑)冒頭で書いたように、あまり何も考えずに生きたいわたし。人間関係も面倒だから、好きな人としか付き合いません。

そりゃあ、生きてりゃどうしても苦手な人や嫌いな人と接する機会も出てきます。そんな時も、自分軸で生きていればどうにかなるんじゃないかと思っています。なかなか難しいことですけどね。その都度、その都度「今他人軸になっていないか?」と見直していくことで、楽に生きられるような気がします。

お金は大切な人にだけ使う

それから、お金は大切な人にしか使わないようにもしています。好きでもない人ととの付き合いにお金を払う必要なんてないと思うのです。「付き合いだから仕方が無い。」こんなお決まりのセリフは、自分を苦しめているだけ。結局、他人軸な考えだから。

その付き合いが苦にならない人は問題ありません。ただ、それによって自分が苦しんでいるのなら、そんな考えは手放してあげるといいのではないかと思います。

最後に

「自分の好きなことだけをして、嫌いな人とは付き合わないなんて無理に決まってる。」「人生そんなに甘くない。」なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。わたしも、ずっとそう思っていました。

だけど、こんな考えではいつまでたっても自分が苦しいままなのです。“常識”とか、“普通”とか、“何が正しい”とか、関係ありません。そんな固定観念は手放して、シンプルに生きることが大切なのではないかと思います。

「どんな自分もどんな他人も認めてあげること」「自分軸で生きて、好きなことだけをして、面倒なことはしない」「頑張るのはやめる」こんなシンプルな生き方をしていきたいです。

では!最後まで読んでいただきありがとうございました◎

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
おすすめ記事