世帯年収300万で家は買える?資金計画書を公開

マイホーム

こんにちは、さきぬまぁです。手取り世帯年収300万(正確には280万ぐらい)の我が家、なんやかんやとありまして家を買うことになりました。

世帯年収300万でも家は買えるのか?そう考えている方は多いはずです。ということで、少しでも皆さんの参考になるよう、これから細かい進行状況などをお伝えしていければと思っています。

今回は、工務店の方に作成していただいた資金計画書の概算をまとめてみました。

スポンサーリンク

世帯年収300万で家は買える?

結論から言えば、世帯年収300万円でも家は買えます、多分。(笑)

もちろん「どんな家に住みたいのか?」「家族構成は?」「自己資金の有無は?」「土地はあるのか?」等々、考慮すべき点が多すぎるので一概には言えません・・。

が、今回はその点に関しては考えずに!あくまでも我が家の場合でお話しますので、ご理解ください!

資金計画書を公開

まず最初に工務店の方が資金計画書を作成してくださったのですが、後にこの計画書から200万ほどアップすることになります・・

当初の資金計画書

  • 建物費用・・約1300万(平屋2LDK)
  • 付帯工事費用・・約250万
  • 諸費用・・約300万
  • 土地代・・約300万
  • 総合計・・約2150万

かなりアバウトではありますが、工務店の方が作成してくださった資金計画書はこんな感じです。とても狭い20坪の平屋ですが・・あぁ、やはり2000万は超えるんだなーと白目向いた瞬間でした。 (笑)

家を建てるためにかかる費用は建物代と土地代だけではなく、土地の造成費用とか諸費用でぶっ飛んでいきます。

選ぶ土地によって資金計画が大幅に変動する

我が家は土地代を300万以内で抑えるために、田舎で範囲を広げて探しました。ようやく予算内で見つけた土地でしたが、これまた手のかかる土地様だったのです。

上下水道引き込み工事費

田舎の土地は上下水道の引き込みが無い場合が多いので、その分費用が爆上がりします。

我が家の場合は上水道が通っておらず、なんと井戸水になってしまったのです。井戸の掘削費用100万円かかります。白目どころではありませんでした。

土地造成費用

そして我が家が選んだ土地は、傾斜地だったためその分造成費用が跳ね上がることが分かりました。それで50万アップぐらいでしょうか。

地盤改良費用

これはどの土地でも言えることですが、地盤改良工事があるかないかで100万も変わるわけです。

例え土地代が安くても、その分造成費用や上下水道の引き込みによって100万単位で数字が変わることは想定しておいた方がよさそうです・・。

マイホーム計画を進めるうちに分かったこと

  • 1000万円台で建てるのは難しい
  • 自己資金は必要
  • 安い土地でも造成費用がかかる場合がある
  • 外構工事費用は別途必要

まずわたしは1000万円台で建てたいという思いがあったのですが、それはどうやらなかなか難しいようです。せめて土地を所有していたら・・。

それから、自己資金は必要だなーと実感しました。進めていくうちに想定外の費用がでてきます。建物をシンプルに必要最低限の設備で抑えたとしても、その周りで発生する費用が多すぎて頭を抱えてしまいます。

外構に関しても、「DIYで十分!」と安易に考えていました。が、目隠しフェンスだけでも業者に頼もうと思って見積りだしてもらったら60万ぐらいかかるみたいです。(笑)どうしましょうか、前途多難でございます。

おわり

嘆いても仕方がないので、少しでも自己資金を増やすこと。そして不安ばかりに目を向けるのではなく、収入を増やすために出来ることを考えていかなければなーと思っております。

節約生活に便利!管理人おすすめアプリ

スーパーやドラッグストアの特売日が知りたい!」「お得に買い物をしたい!」そんな方にはチラシアプリがおすすめです。近所のお店はもちろん、知りたい街にある店舗のチラシを検索できます。スマホで簡単に、しかも無料で使えます!管理人おすすめのチラシアプリは『Shufoo!(シュフー)』。無駄な操作が必要なく、シンプルで使いやすい!食費節約に欠かせないたまごの特売日は要チェックです!

Shufoo!(シュフー)チラシアプリ
Android Google Play
iOS App Store

マイホーム
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
貧乏主婦がシンプルに暮らす。
タイトルとURLをコピーしました