貧乏でもお金が貯まる?我が家のお金管理方法!

家計管理

こんにちは、貧乏主婦のさきぬまぁです。

今回は、手取り17万、世帯年収250万の貧乏な我が家のお金管理方法をご紹介します。こんな我が家ですが、月によっては約3万円程貯金に回せることもあります。(夫婦2人暮らしです)

我が家は子どもがいないため、このような状況になっています。ですので、同じような家計状況の方や、夫婦2人暮らしの方、貧乏な彼氏と同棲したい!(結婚前のわたしたちがそうでした)という方に読んでもらえたら嬉しいです。

我が家のお金管理方法

2つの口座+タンス預金=全貯蓄

我が家は、ゆうちょ銀行と地方銀行の2つの口座でお金を管理しています。(追記:この後、イオン銀行口座を新しく開設しました)

積み立てとか資産運用とか、そういう難しいことは分からないのでそこはスルーします。(笑)


このように、2つの口座とタンス預金に分けることで、お金の流れを把握しやすくしています。

管理はexcel

お金の出入りは全てexcelで管理しています。

エクセル家計簿のつけ方!ズボラ主婦でも簡単に自作できておすすめ!
ズボラで面倒くさがりで適当主婦なわたしは、excel(エクセル)で家計簿を付けています。フォーマットは夫が作ってくれたのですが、多分どなたでも簡単に作れます。(とか言っておいて、自分は作れるか分からない)ということで、今回は我が家流の家計簿...

家計簿のつけ方はこちらの記事にまとめています。

毎月1日にすること

毎月のお金の流れを以下の図にまとめました。

(分かりやすいように、うちの場合のお給料を例に書いています。)

毎月お給料に変動はありますが、大体手取りで17万円台です。

このお給料を、引き落とし口座用(12万5千円)手元に置いておく生活費用(4万5千円)に振り分けます。

それぞれの残金が貯まっていくという仕組みです。

元々は、お給料振込口座と引き落とし口座は同じでした。夫の転職後、会社がその地方銀行にしか振り込めないということでこのような形になりました。

引き落とし口座は全て1つにまとめる

皆さん既にされていることかもしれませんが、引き落とし口座は全て一つにまとめることで管理がしやすくなります。

それから、光熱費や水道費、ネットでのお買い物等は全てクレジットカード払いにすることです。

わたしも以前まで光熱費や通信費は振込用紙が来てからコンビニで支払っていました。これは、非常にもったいないことです。クレジットカードにまとめることで全体を把握できますし、何よりポイントが貯まります。ちなみにわたしは全て楽天カードで支払っています。

節約主婦に楽天カードがおすすめな理由。
楽天カードのメリットを徹底解説。入会してどのくらいのポイントが貯まったか細かく紹介します。

楽天カードについてはこちらの記事にまとめています。

もし、未だ口座振替や振込による支払いにしている方は、クレジットカード払いに変更されることをおすすめします!

貯金用口座を作る

うちの場合は、先取り貯金が出来るほどの余裕がありません。ですので、「引き落とし口座の残高=貯金」という形になっています。

しかし、今後は貯金用口座も作って、毎月1万~2万ほどの先取り貯金を始めようかなーと考えています。


右上に貯金用口座をプラスしています。今後は、こういう形でやっていくことを検討中です。赤字になる度に引き落とし口座の残高が減っていくんですけどね・・。でも、このやり方だとクレジットカードの使い過ぎ防止にも繋がるし、結果オーライな気がします!

やはり、お金を貯めるには貯金用口座は必要ですね。

安定した収入がある方は尚更貯金用口座を作ったほうがいいのかもしれませんね。

※追記※イオン銀行を貯金用口座として開設しました!

貯金用口座はイオン銀行がおすすめ!ゆうちょでは損!その理由は?
こんにちは!貧乏主婦のさきぬまぁです!我が家のように何も考えずゆうちょ銀行の通常貯金だけでお金を出し入れしている方・・損しています!少しでもお得に貯金をしたいのであればイオン銀行を貯金用口座にするのがおすすめです。その理由について...

おわりに

この方法であれば、収入が増えれば増えるだけ貯金することが可能だと思っています。現に、夫の収入が手取りで20万程だった時でも月に5万~6万ほど貯金できていました。

  • 口座がいくつもある
  • 引き落とし口座がバラバラ
  • 口座振替や振込用紙による支払いがある

こんな方は、家計をシンプルにまとめることで管理がしやすくなるかと思います。

追記:家計管理の方法を見直しました!

貧乏夫婦の家計管理方法!手取り18万の振り分け方とコツコツ貯金術
こんにちは、さきぬまぁです。1年前に貧乏でもお金が貯まる?我が家のお金管理方法!という記事を投稿していました。あれから家計管理方法がよりシンプルになったので、改めて紹介させていただきます。 それから、1年前の夫の手取りは16万...
タイトルとURLをコピーしました