戸建てプロパンガス料金の節約!基本料金と従量料金いくらになった?

マイホーム

こんにちは!さきぬまぁです。

今回新築戸建てに住むことになった我が家は田舎故に都市ガスが無く、引き続きプロパンガスを利用することになりました。で、肝心なプロパンガスの基本料金従量料金はいくらになったのか?についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

基本料金と従量料金はいくらになった?

わたしが住んでいる地域の基本料金と従量料金の相場は以下のようになっています。

  • 基本料金:1,900円
  • 従量料金:0.1~5㎥で523円

これを、以下の料金で契約してもらえることになりました。

  • 基本料金:1,000円
  • 従量料金:0.1~5㎥で460円

わたしは大手ガス会社から5つぐらいに絞り、基本料金・従量料金・その他のサービスについて全てチェックしました。訪問見積りの際に、他社の料金表を準備しておけば交渉材料になるかなと思ったためです。

戸建ての方プロパンガス料金が高いと感じている方、節約したい方は値下げ交渉次第で料金を下げられる可能性ががあるのでトライしてみてください。

良いガス業者を見分けるコツは?

ただ、『契約時は安かったのにいつの間にか値上げをされていた・・』という声もネットで見かけます。なのでそのことを営業の方に聞いてみました。

さきぬまぁ
さきぬまぁ

いつの間にか値上げをしているような悪徳な業者もいるとネットで見たのですが、こちらの会社は大丈夫ですか?

まぁ『大丈夫です』としか言えないだろうけど、一応聞いておきました。(笑)

そんなことはもちろんありません。ですが、奥様のおっしゃる通りで、確かに少しずつ値上げをしていくような業者があるのも事実です。

そして、そういう業者を見分けるコツを教えていただきました。

あまりよくない業者を見分けるコツとしてはまず、田舎で個人でやっているようなガス業者は正直やめておいた方がいいです。

これは意外でした。というか、わたしはそこら辺の田舎の個人業者に依頼しようとしていたから危なかった。(笑)

ホームページに基本料金や従量料金がしっかり記載されていることも大切です。口コミも参考になります。あとは、最初から極端な安値で提示しているところは、後から徐々に上げていくことがあるので注意した方がいいですね。

とのことでした。毎月届く明細書に基本料金や従量料金を記載していない場合も指摘した方がいいです。

ただ、わたしは人を信用しやすく騙されやすいと自覚しているので(笑)今後不当な値上げをされないか正直不安はあります。なので今後は明細書のチェックを怠らないようにしたいです。

事前リサーチが重要!

今回担当してくださった営業の方は30代半ばぐらいで、理解のある方というか年齢が近いだけあって話が早かったです。

奥様も調べておられるかと思いますが、今はネットで何でも分かる時代なので・・

と。やはり今はネットで何でも調べられる時代だから、業者側も明らかに不当な値上げや会社の評判に関わるようなことはしづらいのだと思います。

だからこそわたしたち消費者側も事前リサーチはしっかりとしておかなければいけないなと実感しました。

プロパンガス料金が高くても諦めない!

賃貸の場合は大家さんが決定することなので値下げ交渉は難しいそうです・・。が、ネット上では大家さんに交渉して値下げ出来た方や、都市ガスに替えてもらったという事例もあります。

一方、戸建ての場合は「自分たちが動くこと」が重要だそうです。

プロパンガス料金が高いと感じたら・・

  • 基本料金と従量料金を把握する
  • 住んでいる地域の相場と比較してどうなのか
  • 料金に疑問を持ったら値下げ交渉をしてみる
  • 他ガス会社への乗り換えも検討してみる

戸建てにお住いの方で、現在のプロパンガス料金に疑問を感じたら行動するのみ!です^^

プロパンガス料金を比較する

エネピでプロパンガス会社の比較が出来ます!ちなみに、わたしもやってみたけど田舎だからか紹介できるガス会社がありませんとのことでした。(笑)気になった方はぜひ料金の比較を検討されてみてください!
プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!【エネピ】

タイトルとURLをコピーしました